BOAT RACE MEMORIAL

FACEBOOK
twitter
youtube
youtube live
LINE

おしえて三極誌 おしえて三極誌

おしえて☆三極誌とは

ボートレース業界のあらゆる情報を極める専門誌といえば「BOATBoy」「マンスリーBOAT RACE」「マクール」。
この三誌を代表する面々が、各々の研ぎ澄ました視点・圧倒的な情報量から、独自の考えを文章に綴り、熱い思いを添え「おしえて☆三極誌」をお届けします!

マクール三吉のピックアップレーサー マクール三吉のピックアップレーサー

おいしい配当を得るために大事なことは、レース場の特徴をまず把握することに限る。浜名湖のSGやGⅠであれば、明らかな傾向がひとつある。それはセンターからのまくりが他場よりも圧倒的に決まること。ここにフォーカスしていって、そこに見合う選手をマッチングさせれば、辿りつける好配当は必ずあるはず。

当地のGI以上のレースは3コース、4コースともにまくり率が高い。どちらも同じくらい決まるので、3コースと4コース、どちらが攻めるかをまず見極めることが肝心。それは伸びるエンジンでも、スタート力でも構わないが、仕掛ける選手を探すことが大前提となる。

具体的に好配当を提供してくれそうな選手をあげるならば、篠崎元志選手、佐藤翼選手、関浩哉選手の3人。
篠崎選手はとにかくセンターからは徹底してまくって攻めるスタイル。カドからの一撃も浜名湖ならば威力は増すだろう。
佐藤選手も基本的にはどのコースからも握っていく選手。伸びがあれば6コースのまくりも狙えることも。2コースや5コースの勝率は低いが3・4コースはその分高い。展開予想はまくり差しではなく、まくり想定で予想する方がいいだろう。
関選手はどちらかと言えば、4コースよりも3コースからの攻めが魅力。3コースの1着率は40%以上という驚異的な強さを見せるので、SGでも侮れない。

メモリアルは是非、センターからのまくり一撃で大物を狙っていただきたい。

コンテンツ