RACE LIVE&REPLAY

ネット投票

FACEBOOK

twitter

youtube

youtube live

LINE

FACEBOOK
twitter
youtube
youtube live
LINE

おしえて三極誌 おしえて三極誌

おしえて☆三極誌とは

ボートレース業界のあらゆる情報を極める専門誌といえば「BOATBoy」「マンスリーBOAT RACE」「マクール」。
この三誌を代表する面々が、各々の研ぎ澄ました視点・圧倒的な情報量から、独自の考えを文章に綴り、熱い思いを添え「おしえて☆三極誌」をお届けします!

マンスリーBOAT RACE土屋の浜名湖女子戦の傾向 マンスリーBOAT RACE土屋の浜名湖女子戦の傾向

過去5年の浜名湖女子戦1コース1着率は51.8%と、浜名湖1コース1着率52.6%と大きな差はない。しかし、2~5コースの1着率を比較すると違いがハッキリ出る。浜名湖が②15.2%、③13.3%、④11.5%、⑤6.7%。それに対して浜名湖女子戦は②18.6%、③12.3%、④13.1%、⑤5.0%。女子戦では2、4コースが活躍している。

さらに決まり手も明確だ。浜名湖の決まり手は捲り14.1%、差し13.8%、捲り差し14.4%と捲り差しが他の決まり手同様に多いのが特徴。しかし、女子戦は捲りが19.3%で、差し12.8%、捲り差し10.5%と比べて圧倒的に多い。

時期的な影響はどうだろうか? 例年の東海地方は6月上旬から7月中旬が梅雨のため、この時期は湿気で回転の上がりが悪く、スタートの起こしが鈍くなる。スリット隊形がバラつくシーンも頭に入れ、インがスタート展示で遅れているなら、2コースは差しと捲り両方の展開を読みたい。

加えて、遠州灘からの左斜めの向い風が吹く日は4コースの捲りも一考。斜め向い風はスタートの勘を微妙に狂わせる。助走距離の短いスロー勢は、タイミングを調整しようとレバーを放ればスタート後の伸びを欠く。そうなるとダッシュ勢の出番だ。4コースが攻めれば、浜名湖で多い5コース捲り差しを狙いたいが、女子戦では4コースの抜け出しが多い。

過去5年の浜名湖女子戦で万舟出現率は16.5%と、浜名湖の18.1%よりも下がる。中穴狙いがベターなようだ。

コンテンツ